株にお金を注ぎこむことのリスク

株には大きなリスクがあるというのは株入門者であっても当然知っていることでしょう。

株の価値が購入時よりも下がれば利益を得ることができず、

損失が発生します。

このことを「キャピタルロス」と言います。

ただ、株入門時は、キャピタルロスを恐れて、株式市場のチェックを怠ったり、

欲を出して売り惜しみをしたりすることは、そうそうないと思います。

それよりも株入門者にもっとも注意をしてほしいことは、

株を購入しすぎることです。

株は持っているだけであれば損はしないと思う人が多いのか、

動かせて利益を得るよりも保有することで得られるインカムゲインや株主優待などを目的に株を始める人が最近増えています。

もちろん、株は持っていれば持っているほどインカムゲインが増えるし、得られる株主優待も増えます。

しかし、先にも触れましたが、株初心者のうちにたくさん投資するのは非常にリスクです。

管理する能力がないうちにたくさんの株を保有してしまうと、

株価の変動に気づかないことも…。

知らず知らずのうちに価値の下がった株ばかりになって、資金を回収できないようになってしまいます。

それだけならまだしも、資金を回収するために、さらに投資をして損をする、ということを繰り返してしまう人もたくさんいます。

それが生活に関係のない資金であればまだしも、生活に必要な資金を使ってしまうと最後。

最悪の場合、株で自己破産してしまう人もいるのです。

株はギャンブルではありませんが、非常にギャンブル性の高いものには違いありません。

入門者に関わらず、儲けに欲を出してお金を注ぎこむことは絶対に避け、

生活に支障のない範囲で取引をするようにしましょう。

Comments are closed.