株ってどうやって買うの?

株は単なるお金を得るためのものでじゃなく、

会社の経営を担う権利を持つという責任を伴うもの。

そう考えると、真剣に株について勉強しなくちゃ!って思いますよね。

株初心者はまずは株の入門書などを購入し、熟読しましょう。

では、株を始めるには、どうすれば良いのでしょうか?

株は直接株式会社に注文をして購入するのではなく、

基本的には証券会社を介して購入します。

株の入門時にしてほしいのが、証券会社に口座を作ることです。

証券口座がなければ、株の取引をすることはできません。

最近では、ネット証券が一般的。

ネット証券は、便利で手数料も安いため、ぜひ活用しましょう。

口座開設が完了すると、お金を振り込みます。

ちなみに、口座開設時にはお金がなくても問題ありません。

購入したい株があれば、必要な資金を準備して証券口座に振り込みましょう。

資金準備ができたら株の注文です。

証券会社に対して、どの株をどれだけ欲しいのかを伝えます。

無事、欲しい株を得ることができれば、晴れて株主となります。

株主となれば、株券が発行されます。

株券は、株を持っている証拠となるため大切に保管しましょう。

ちなみに、ネット証券では株券が発行されるわけでなく、パソコン上で株を購入したことを確認できるようになっています。

お金が十分にあったとしても、いきなりたくさんの株を保有することは高リスクです。

投資初心者のうちは、複数の会社の株を購入するのではなく、

2~3社までにしておきましょう。

Comments are closed.