そもそも株って何?

これから株を始めるなら、まずは株についての基本を把握しておきましょう。

株の入門時にまず知っておきたいのが、そもそも株とは何かということ。

株は、正式には「株式」と呼ばれ、

会社が運営をしていくために発行されるものです。

会社がきちんと運営をしていくためには、オフィスを構えたり、工場や機械を揃えたり、

人を集めたり、商品を開発したり、いろんな会社と取引をしたり、と、

さまざまなことをしていく必要があります。

これら会社を運営していくためにしていくことには、当然お金がかかりますよね。

しかも、少しのお金では足りません。

個人では用意できないたくさんのお金が必要となります。

そのたくさんのお金を集めるために、株を発行します。

会社の信念に賛同し、成長性に期待を持った人たちが発行された株を購入し、

集まったお金を会社の運営費に充てるのです。

会社は、投資をしてくれた人たちに、会社の利益をお金や物で分配します。

株によって成り立っている会社を「株式会社」と言い、

株を購入した人たちを「株主」と言います。

株に入門したばかりの人、つまり初心者であっても、

株を持った時点で株主となり、会社の経営に参加する権利を得るのです。

もちろん、株の価値は会社の経営状態によって大きく変動するため、

株を持ったらしっかりと会社の動向をチェックしていく必要があります。

難しいようで簡単、簡単なようで難しい、と言われるのが株式投資。

株を持つほとんどの人の目的は「儲けること」ですが、

儲けることだけにとらわれずまずは正しい知識をつけることが大切です。

参考サイト⇒[初心者のための株入門 ・やり方、始め方 | 株の初心者でも学べるバーチャル株投資ゲームならトレダビ